テラスハウスあみ卒業理由や評判は?嫌い派好き派どっち?

小室あみツイッター

みなさん、こんにちは!!

つい最近テラスハウスを見始めた

morimoriです♪

これから順番に追っかけ視聴を検討中!

フジテレビオンデマンドで期間限定で

見れる追っかけ視聴で楽しんでおります♡

早く全話一挙にまとめて観たいっっ!!

近々契約予定です(笑)!

今回は、私が初めて見た

テラスハウス第17話で

早速の卒業&新メンバーがっっ?!

このテラスハウス17話から

見始めた私でも分かるほど

あみちゃんがテラスハウスの中で

男性陣の心を揺さぶっていた存在

だったということ、

そんな影響力があったなんて強すぎるっ!

今回はそんなあみさんの卒業理由や

性格の評判をまとめたいと思います!

スポンサードリンク

テラスハウスあみ卒業理由は?

あみさんは誰かと両思いになるわけではなく、

今後の自身の活動のために

テラスハウスの卒業を決意!

あみさん、

スノボーしててもかわいいし、

何しててもかわいい♡

これは確かに年上男性の心を

くすぐる可愛さだなって思います(笑)!

そんなあみさんの卒業も急すぎるといえば

急すぎる気もしますが、

それなりに理由があるからこその

卒業のようです!

テラスハウスの入居前インタビューでも

「恋人は三年くらいいない。

あみさん自身に興味がない男性に惹かれる。」

あみさんが将来働かなくていいように、

パートナーは

生涯養ってくれるかっこいい人がいい。」

というのもすごく具体的!!

これからテラスハウスに

参加する女子とは思えないほど、

恋愛対象範囲がなかなか絞られていますね!

あみさんがご自身で言っているように、

自分の気持ちをオブラートに包まず

ストレートに伝えすぎて

友達や相手を傷つけちゃうことも

あるとのことですが、

変に上っ面でモテるつもりもなく、

そこはとてもドライなところが

好印象に思えました!

それで、

今回あみさんが卒業したわけですが、

一所懸命アプローチし続けた男性陣も

あみさんの入居前のインタビューを踏まえた上で、

作戦を練っていたら

また新たな恋が進展していた可能性も

あった気がしてきたのが残念(笑)

あみさんのことが本気で好きだったら

入居前の段階で、

追っかけられるよりも追っかけたい派の

あみさんへの作戦を、、、

もう一度練って欲しかった、、、

スポンサードリンク

評判は嫌い派好き派分かれる?

あみさんがテラスハウス最終日まで

デートに誘われたり、

最後だからこそ翔平たちと笑顔で

じっくり向き合えたというのは

とても素敵なひと時だったと思います!

それぞれ翔平たちとも一対一で話して、

今までかつてないほどのあみさんの笑顔に

スタジオがびっくりしていて、

そんな私もその事実にはびっくりっ!!

こんなにかわいいあみさんに

笑顔になってもらったら男性は

参っちゃいますね(笑)♪

そんな卒業前間際に

笑顔を見せたあみさんに対して

山ちゃんは

「今更下げた株を上げにいってるよ!

笑顔ができるんだったら

始めからやってよ!」っていうのも

気持ちは分かります(笑)!

あみさんはたかさんのひげの件に関しても

確かに反応を聞かれても困るし、

期待させたくないから

冷たい態度になっちゃったと

言っていましたが、

その冷たい態度の時点でそこそこ

あみさんの自身に対する関心が低いという

事実ももう少し悟れた気もします!

しかも、その件もひっくるめて

あみさんに惹かれ始めた段階で

やっぱり男性陣にはしおんさんを中心に、

あみさんの入居前インタビューを見返して

慎重に作戦を

練ってもらいたかったなと思いました。

スタジオの山チャンネルでは、

あみさんのことを強烈キャラの

女子みたいな言い方ですが(笑)、

案外女性側からのあみさんへの共感は

少なからずあるはず!

もともとあみさんが

探し求めているパートナー像が

具体的で絞られていたこと、

また男性メンバーには

その要素は感じられなかったことを

踏まえて、今回あみさんが

卒業を選んだのは納得できました!

どうしてもあみさんの場合は

言葉や態度についてピンポイントで

つままれると、

悪評が目立ってしまうことが

多々ありますが、

そんなことを気にせず

テラスハウスをきっかけに

芸能の活動を広げて理想のパートナーが

見つかるように応援しています♡

まとめ

今回はテラスハウス軽井沢篇の

あみの卒業理由や性格の評判について

紹介しました♪

最後まで読んでくださって

ありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする