芦田愛菜が仕事と中学の両立できるのはなぜ?【この差ってなんですか?】   

https://matome.naver.jp/odai/2147833570689656201

小さい頃からテレビで大活躍している芦田愛菜さんが「この差ってなんですか?」に出演します!

中学生になった現在も、芸能活動と学業を両立できるのは一体なぜなのでしょうか?

芦田愛菜さんが現在仕事と学業の両立ができる理由を調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

いつ見ても可愛らしい芦田愛菜さんのプロフィール

2004年(平成16年)生まれで、兵庫県西宮市の出身です。

2007年、母からの勧めで3歳で芸能界デビュー。

2011年4月にテレビドラマ「マルモのおきて」で連続ドラマ初主演、

共演した同学年の鈴木福くんと

犬のムックとともに役名ユニット「薫と友樹、たまにムック。」として

同ドラマの主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」でCDデビューをしました。

この歌はとても流行りましたよね!

芦田愛菜ちゃんたちの可愛らしいダンスをわたしも練習していました(笑)。

同年10月からは「メレンゲの気持ち」でトークバラエティー番組史上最年少で

司会を務めました。

バラエティーを見れば見るほど、

素人ながら出演者の皆さんの会話の流れや、タイミングやテンポなど

色々難しそうだなーーってつくづく思うのですが、

あの空気の中に笑顔の芦田愛菜ちゃんが溶け込んでいたと思うと、

出演者の心の癒やし間違いないですね☆

小さい頃からドラマで大人顔負けの演技を見せたり、

バラエティーに登場したりと、

可愛らしい見た目からは想像できないような大人の対応っぷりを

幼い頃から発揮していたんですね!

スポンサードリンク

芦田愛菜さんの親は?どうやって応援してる?

芦田愛菜さんの芸能界デビューは3歳の時の母親からの勧めがきっかけでした。

4歳でひらがなは全て読めて、

幼稚園から小学校にかけては本を一ヶ月に多い時は60冊も読んでいたとのこと。

読み書きが早かったところを見ても、

ご両親が芦田愛菜さんに対して教育熱心であったことがよく分かります。

わたしも勤めている学習塾で幼児に読み書きを教えることがありますが、

どの子も繰り返し繰り返し練習してようやく覚えられるようになります。

芦田愛菜ちゃんは小さい頃から本を読むのが好きだったというのも、

読み書きを早く覚えて芸能界デビューが早まった理由のひとつとも言えます。

スポンサードリンク

名門校の中学生活は大変?

普段の学校生活にプラス芸能活動もそつなくこなしている芦田愛菜さん。

2017年4月から慶応中等部に通っています。

小学校高学年になってから仕事を抑えつつあったものの、

小6の夏から本格的に大手の中学受験予備校で受験対策を始めました。

夏期講習、夏季合宿、冬期講習に参加して、一日12時間も勉強していました。

受験対策を始める時点で、成績優秀で、

成績上位者しか入れないトップのクラスに入れるほど勉強していた努力家でもあります。

このように、芦田愛菜さんが受験勉強に備えられたことや、

小さい頃から読書に夢中になれる環境づくりは

ご両親が率先して整えたからこそ、今につながっているんですね。

受験勉強というひとつの山場を乗り越えた芦田愛菜さんだからこそ、

現在もこうやって学業と芸能活動を両立できるのではないでしょうか?

そんな若くして努力家の芦田愛菜さんが「この差ってなんですか?」に登場します!

芦田愛菜さんの落ち着きある、大人顔負けのコメントが必見です!

皆さん、どうぞご覧ください♪

まとめ

愛嬌と、女性としての綺麗さも

日に日に磨きがかかっている芦田愛菜さんの活躍が今後もとても楽しみですね。

読んでくださってありがとうございました♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする