バチェラーシーズン1(1話)結果ネタバレ感想や鶴の評判は?

バチェラージャパン1アマゾン

みなさん、こんにちは!!

morimoriです!

ついに手を出してしまいました。

バチェラーシーズン1(笑)

シーズン2を見てからのシーズン1も

これまた面白そう☆

バチェラージャパンの最新話公開日まで

待ちきれなくて、シーズン1が気になり出した!!

という必見です☆

同じバチェラージャパンでも

シーズン1とシーズン2で

改良されていたり、

ゴージャスになっているポイントもあったり

これまた面白いんです♡

今回は手始めにバチェラージャパンシーズン1の

記念すべきエピソード1についての

感想や評判について紹介します♪

スポンサードリンク

バチェラーシーズン11話)評判は?折り鶴編

カクテルパーティーの2時間って

やっぱりあっという間!

2の林太郎バチェラーも

全く同じことを言っていましたが、

時間の制約が厳しすぎるっっ!!

カクテルパーティーで

あまり話せなかった人は、

最初で最後のバチェラーとの

初対面シーンで勝負ということ。

そう思うと、

鶴あいかさんのお手紙質問作戦は

ナイスアイディアでしたね(笑)!

しかも折り鶴に質問をいくつか

書いておくって、、、

よく考えたと思いますっ!!

鶴あいかさんが折り鶴作戦によって

ファーストインプレッションローズを

手に入れたのは見事でした☆

二人っきりで話の途中にも関わらず、

バチェラーが席を立った瞬間に

「これはローズだっっ!!」と

うっすら感づいてしまっていた

鶴あいかさんも可愛かったです♡

バチェラー・ジャパン内での

やっぱりファーストローズの衝撃は

特に絶大ですね!!

スポンサードリンク

バチェラーシーズン11話)結果ネタバレ感想

まだバチェラー1が始まったばかりで、

バチェラーも女性たちもお互いのことを

まだ手探り状態。

とにかく

ローズ一本一本の重みが半端なくて

この長いサバイバルを

2.3ヶ月間続けていくのって

本気で覚悟が必要だなって思いました。

私だったら、

途中で心がポキっと折れて

勝手に脱落しちゃいそう(笑)。

バチェラーの行動一つ一つに

ヤキモチ焼いたり泣いたりもするけど、

それだけ一喜一憂できるほど

女性は意外とタフであることが

よく分かります!

婚活サバイバルに参加する時点で

女性同士で戦わなきゃいけないし、

どう考えても厄介なライバルは絶対いるし

しばらくみんなで共同生活も

しなきゃいけないって、、、

バチェラーを卒業する頃には

女性はさらにレベルが上がってそう(笑)☆

カクテルパーティーが終わってからの

ローズセレモニーではバチェラーが

ローズを渡せなかった女性一人一人に

丁寧に謝っていたのは印象的でした。

一番最初に退出した沙倉しずかさんに

「見る目ないと思います。」

とサクッと切られていましたが(笑)、

最後まで紳士的な笑顔を崩さなかったのも

本当ジェントルマン☆

女性メンバーも

様々なオーディションや条件を乗り越えて、

バチェラーに会うために今日この日を迎えて

とびっきりおめかしして

精一杯アピールしてるのに、、、

女性の気持ちは

移ろいゆくものなのですね(笑)

初めてのカクテルパーティーを始める前に

バチェラーが宣言していましたが、

「この婚活サバイバルという企画で

メンバー全員でまるっとハッピーエンドで

終わることはできない。

途中でお別れになってしまう人にとっても

少しでもメンバーそれぞれが

ハッピーエンドを感じてもらえる形にしたい。」

というこれまた優秀というか

神確定というか素晴らしいコメント!!

久保バチェラーは

さすが言葉のチョイスが上手いというか、

人の心の動かし方を知っていらっしゃって、

すっかり虜になってしまいました(笑)♪

始めは、女性たちがみんな久保バチェラーに

会う以前にすでに恋に落ちているのが

不思議でしたが、

これは会ったら最後

心がロックオンされちゃうのが分かります!

まとめ

今回はバチェラージャパンシーズン2から

見始めた私が、

ついにバチェラージャパンシーズン1に

手を出してしまいました(笑)

バチェラージャパンの

シーズンによる違いなども踏まえた上で、

ネタバレ感想も今後更新していこうと思います!

バチェラージャパンシーズン1に関する

参加者プロフィールやネタバレ感想記事はこちら

合わせてバチェラージャパンシーズン2の

参加者プロフィールやネタバレ感想記事はこちら

どうぞチェックしてみてくださいね♪

最後まで読んでくださって

ありがとうございました!

以上morimoriがお伝えしました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする