宮澤エマの歌唱力に圧倒!総理大臣の祖父に負けない才能【池上彰のニュースそうだったのか!!2時間SP】

http://omoshii.com/interview/13057/

ミュージカルや舞台で活躍中の宮澤エマさんが

池上彰のニュースそうだったのか!!2時間SP出演に出演します!

スポンサードリンク

華麗なる家系を持つ宮澤エマさんのプロフィール

宮澤エマさんは1988年の東京出身です。

母方の祖父は第78代内閣総理大臣の宮澤喜一さん。

母は宮澤喜一の長女で、父はアメリカ人で元中日代理大使クリストファー・ラフルアーさん。

まさに華麗なる家系ですね。。。

宮澤エマさんは小さい頃から歌やお芝居が大好きで、

歌手に憧れてボイストレーニングなど10年以上勉強を続けています。

留学も経て、大学卒業後の2012年春に芸能界に入りました。

初めてのテレビ出演は「ネプリーグ」でしたが、同じ総理の孫の立場であるDAIGOとともに「孫タレ」枠として出演し、共演しています。

その後も「踊るさんま御殿」など様々なバラエティ番組に多数出演しています。

家系が華麗であることがピックアップされての出演は多いですが、

宮澤エマさんが今もなお芸能界で活躍し続けていることは、

今までの努力の成果が宮澤エマさん自身を輝かせていると言っても過言ではないですね!!

宮本亜門さんが発掘!?宮澤エマさんデビューのきっかけ

22歳頃にタレントとしての活動を始めた宮澤エマさん。

以前インタビューで当時を振り返った宮澤エマさんはこう語っていました。

たまたま高校時代に知っていただく機会があった宮本亜門さんから“ミュージカルのオーディションを受けませんか”というお話をいただきまして。『スウィーニー・トッド』の高音のナンバーを一生懸命覚えて臨みました。

宮本亜門さんにこのように声をかけられたら、

嬉しすぎて気分が舞い上がっちゃいます(笑)

このオーディションでは、課題曲の「スウィーニー」の歌の後に、

「宮澤エマさんがいつも歌っているジャズとかも歌ってみて」

というリクエストもあったとのこと。

オーディションで課題曲と違う歌を歌ったということはダメだったんだ、、

と宮澤エマさん本人もだいぶ落ちこんだそうです。

それは気になっちゃう気持ちよく分かります。

その後まもなく宮本亜門さんから再度お話が来て、

亜門さんは私の中に変化願望があると見てくださったらしくて、1か月ほどして“こういう作品あるんだけどやってみないか”とお声をかけてくださったのが『メリリー・ウィー・ロール・アロング』だったんです」

この『メリリー・ウィー・ロール・アロング』で演じた役は

主人公三人組のうちの一人で、

体当たりのおばちゃん的存在感と歌唱力を持つメアリー役を好演しました。

その後も色々な舞台でみるみる吸収しながら日々活躍していらっしゃる宮澤エマさん。

スポンサードリンク

宮澤エマさんにとってのミュージカルと宗教のつながりとは?

大学では宗教学について学んだということですが、

ミュージカルの作品には宗教が絡んでいることが多いので

舞台で活躍している現在でも大学で学んだことと結びついていると語っています。

宮澤エマさんは学問にしても、舞台にしても、

探究心が強く勉強熱心であることがよく分かります。

自分の興味があることと、学んでいきたい方向を自分でしっかり見つめているからこそ

ベストタイミングで宮本亜門さんに声をかけられたり

お仕事のご縁が来るべくして来ているということではないでしょうか♪

以上引用元

https://allabout.co.jp/gm/gc/460605/all/

まとめ

舞台で絶賛活躍中の宮澤エマさんが

池上彰のニュースそうだったのか!!2時間スペシャルに出演します!

宮澤エマさんの可愛らしいコメントも必見です!

お楽しみに☆

最後まで読んでくださってありがとうございました♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする